B-jo と おやじ猫の南風的極楽生活

★南の島プーケットでセカンドライフ,アメショ日本男子vsかしまし3B-jo★

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

伝えずにいられない感動。  

2014残暑見舞い


残暑お見舞い申し上げます。

時候の挨拶なら↑なのでしょうが、
断続的な豪雨がうっとおしいプーケットでは実感がない(苦笑)
日本語ガイドのぱぱぁの夏休みの繁忙期にくわえてイレギュラーな用事も重なり
目の回るような忙しさでした。
ここにきてやっとひと息。(主婦のわたしだけ一足先に、笑)

この忙しかった期間に遭遇した超感動的なこと!
気がついたら期限が切れていたぱぱぁのパスポート。
ひょんなことで更新をすることになり、役所へGo。
タイではどこでなにをするにもとにかく待たされるのが普通なので
用事は1日1件こなせれば良し、の覚悟をもって予定をたててます(笑)
この日もまずいつもどおりののんびり進行で
受付に必要書類を記入し提出、身長を測って…と
これも想定通りに待合席でのんびり呼ばれるのを待って。

やっと名前を呼ばれてブースに着席…
するやいなや。
20代半ばくらい、今どきの若いお嬢さん風の担当官
矢継ぎ早にそれはもうハキハキと必要事項を確認しつつ
凄いスピードでキーボードを打ち込んでいきます。
まさにこんな感じ↓



ぱぱぁに質問する間も指は止まらない。
速いだけではなくて身分証と先ほど測定した身長の表記の差も見逃さず
サッと立ち上がったかと思うとぱぱぁを測定器まで連れていって自ら確認。
(測定器には担当係がいるにも関わらず他人任せにしない)
自分のミスでも他所にたらい回しにすることがしばしばありがちなタイにあって
もう見入ってしまいましたよ\(◎o◎)/!
失礼ながら勤勉と謳われる日本でもこんな仕事ぶり見たことない。
待合席で待ったのが20分くらい、
このお嬢さんのとの作業はたったの5分くらい!
終始笑顔で言葉遣いもソフト、そこが役所だってことも忘れるくらい
感動的なパスポート更新でした(笑)

先日の軍部によるクーデター以来、いろんなところで改革がすすめられていて
さきのパスポート更新もその影響かと思ってたんですがね、
業務効率の見直しとか。
この数日後に外国人に義務付けられている90日間レポート(滞在報告)のため
入管に行ったんですよ。
最近になって番号札が導入されまして、
まず受付で各書類の確認をした後発券してもらい
表示板に示された窓口にむかうという流れなんですが
業務担当のカウンターの先客は一組のみ。
そしてこの1組が終わったあとも表示板のカウントは動かず。
のんびりと何やらゴソゴソしてる係官、先客の分の作業が終わっていないのかと
表示板と係官を交互に眺めながら待ってました。
そこへ朗らかに番号札も受け取りもせずに
まっすぐカウンターに向かうタイ人男性と外国人女性のカップル。
朗らかに用件を受ける係官。
おーーーーーーいっっっ!!!!
次の用事も控えてて急いでもいたので
隣で暇を持て余してる他の係官に順番待ちとばされたんだけどと言ってみたら
申告内容を聞かれたので答えた後の言葉が「まぁまずは番号札を受けとって」
もう持ってるし!(--〆)
ちょうどもう一人の担当官が席に戻ってきて
やっと手続きしてもらえましたけどね。
いろいろシステムを導入してもやっぱり仕事に携わる人間が旧態依然ではねぇ。


結局のところ、”人”なんですね、当たり前ですが(笑)
この”人”というのはお国柄だけとも言えないようで。
几帳面のイメージが高い日本人でもさにあらず。
ぱぱぁは日本在住歴が長いこともあって
しばしばガイド以外の依頼をされることがあるんですね。
中には「○○に手を借りたいので予定を空けておいてほしいんだけど」
みたいな申し出を受けることもあり段取りをメールでやり取りしつつ。
本業をわざわざ空けて応じるわけですから
そこらへんは社会人として日本人もタイ人も関係なく
すすめていくものだと思うのですが、
例えば何らかの事情があって立ち消えになった時
連絡なしでフェイドアウトするってのは無しと思うんですよ。
この繁忙期中にもそういったことがあって
本業の忙しい時に空けた予定に最終的に無しのつぶて、
在籍中の会社には迷惑をかけることになるしで…なんかね。
経営されている業務を拡げたいとおっしゃってたみたいなので
ビジネスマナーは心得てらっしゃると思うんですけども
同じ日本人としては残念。


なんか長々となっちゃいましたが
あの感動をくれたパスポート担当のお嬢さん
彼女の仕事ぶりに比例して素晴らしい未来が開かれていきますように♪



↑こちらはまた別の意味で楽しませてくれるタイピング(笑)


今回もニャンズ出番無し(;^ω^)
次回からは出番たっぷりよん(笑)






我が家の毛むくじゃらたちに愛のクリックをw 応援お願いしま~す♪

ブログ村バナー   ブログランキングバナー  
にほんブログ村 猫 海外生活 / 人気ブログランキング / FC2 Blog Ranking

♪♪ありがとうございます♪♪


スポンサーサイト

Posted on 17:55 [edit]

category: ヒトのこと

thread: タイ・プーケット - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

ありえなさそうであった話。  

なんだか猫ブログらしからぬ記事ばかり続いてますが(笑)
すいません、今日も猫とは関係ない話題です(爆)

当ブログ書記係の地位を利用して
時にズバッと怒りの鉄拳辛口お小言を書かせていただいてます。
今日の話題は”偽札事件”と”ありえなさそうであるらしい店子”の二つ。
この時点で興味がないわwwという方はスルーしてくださいねぇ。

そうそう、まず断っておきますが
記事中に特定の国名が出てきますがわたし自身国籍で人を括るのは良しとしておりません。
たまたまその状況に居た人がそういう人だったというだけで
その国籍を持つ人全てを対象にしていないのであしからず。

まずは偽札事件に巻き込まれました
というよりは、とばっちりを受けた(@ @;
ぱぱぁと夕食を食べに家からすぐ近くのセントラル・フェスティバル・デパートへ。
上階にあるフードコートで100バーツのクーポンを2枚買って
ソムタム(青いパパイヤのサラダ)やら豚レバーのラープ(唐辛子たっぷりの東北風和え物)やらをご機嫌にパクついていると
クーポンカウンターのお姉さんが険しい顔で近付いてきて
「さっき、1000バーツ札で200バーツのクーポンを2枚買われましたよね???」
何事かわからないまま、いやいや100バーツ札2枚で100バーツクーポンを2枚ですよ、と答えたけど
「覚え違いじゃないですか??確かに貴方、さっき買っていったじゃないですか!」
と引き下がらない。
「貴方のいうことを証明するのにさっき購入したカードを調べさせてください」
へ?
もう使っちゃってないよ、と目の前のお皿を指さすと、不満そうな顔でその場を離れる彼女。
そして後からついてきた同僚に「この人に間違いないんだから!」と半分捨て台詞をいったのを
わたしは聞き逃さなかった。(- -)
ぱぱぁはお釣り渡し間違えてその相手を探してるんじゃないの?なんて暢気なことをぬかしますが
このタイという国でお釣りを少なく渡してあんなに血相変えて相手を探すなんてありえない。
もしかしてあの1000バーツ札、偽札で、しかもぱぱぁが疑われてる???
そう言ってる間も警備員やら更に他の同僚やら数人を引き連れてフードコート内を行ったり来たり
挙げ句の果てにはわたしたちが注文したブースに行って訊きとりまで始める始末。
さすがにこれにはぱぱぁも頭に来て、
「100バーツ札2枚で100バーツクーポンを2枚って言ったでしょう!?
だいたい今日は最初から1000バーツ札なんか持ってきてないんだから!
何か尋常でない様子とぱぱぁの声に自然周囲の視線はこちらに集中。
それには答えずただ疑わしげな視線だけ向けてブースの店員さんの事情聴取を続ける彼女。

一連の対応に堪忍袋の緒が切れて
「ちょっと!こっちに来て何が起きたのかちゃんと説明して!
非常に不愉快です!!」


最初はシカトして早足で去っていった従業員一行。
2度目、けっこうデカイ声と強い口調だったので周囲の視線は更に集まり
さすがに立ち止まる一行。
ここまででさっきよりは情報が集まったのか渋々ながら謝ってきた。
「すいません、お客様は悪くないんです。偽札を使って不正をはたらいた者がいたので…」
あぁ、やっぱり ε ( ̄ε ̄)

その直後ちょっと離れたテーブルで黒いTシャツを着た若い女性が警備員から事情を訊かれてて
どうやらその女性が犯人だったようす。

偽札


例の彼女が血相変えて走り回ってる間、
「間違いないのよっ、黒っぽい服着た男性で…」とヒステリックに誰にともなくつぶやいてたけど
ぱぱぁが着てるのライトブルーのポロシャツだし。
犯人は女性だったし。
現金を扱う場所なので当然防犯カメラはついてて
後で聞いたらしっかり犯人が偽札を使う瞬間が記録されていて。
慌てたのはわからないでもないけど、サービス業に携わる人間。
あの対応はイカンでしょヾ(`ε´)ノ

まったくとんだとばっちりで
公衆の面前で「小銭しかもってないんだよぉぉぉ!」
財布の中身を暴露してしまったぱぱぁ
外国人の分際でネイティブを怒鳴りつけたコワいオバサン
2人ともホントにフツーのフツーの穏やかな生活を愛するヒトなんです。
ホントよ(笑)


続いてありえなさそうであるらしい店子の話。
ウチで管理している借家の店子。
タイ人必携帯のIDカード(身分証)を持っていますが、タイ語はネイティブではないようで
中国訛りで聞きとりもあまり得意でないらしいバリバリ中国系の青年、とその仲間。
家を下見したその足で借りると言いだし、即金払ってその1時間後には仲間らしい若い男子が
わずかな家財道具を持って門前で待機。
(契約した本人がどこかへ行ってしまったので鍵を渡すわけにいかずこちらは様子見)
来る前から荷造りしてたんじゃないかってくらいの段取りの早さがすでに不審ではあったんだけど。。。
何人もの仲間が入れ替わり立ち替わり泊りに来て
最終的には契約した本人ではない別の青年が彼女と思わしき女性と、
もう一人別の女性と時々出入りする更に又別の男性(いずれも中国人)が住んでいる様子。
本当はこの時点で契約違反なんだけど、本来の家主である義姉は
家賃さえきちんと払えば別にかまわないというのでこの点には目をつぶって。

社長指名手配


ところがねww、支払期日を守ったことがない。
4日5日遅れるのは当たり前、最長2週間(-_-;)
こちらから督促しないかぎり払う様子も見せません。
庭先で仲間と盛大に酒盛りしてるところに催促に行っても
今はお金の用意がないから○日まで待って、とシレっと言う。
ちなみに我が家の隣ね。

そんななので支払い日を過ぎるとこちらから日参するという実にバカバカしい事態が展開されます。
ぱぱぁはあの通りのヒト(笑)なので強く出ることが出来ず
モヤモヤしながら約束の日を待つってのを繰り返してまして。
今月も延ばしに延ばしてきたので今月もこれ以上は待てないし、
来月また支払いが遅れるようならこのまま住んでもらうわけにいかない旨ぱぱぁが通達しました。
そしたら、応じていた青年何といったと思います?
「払わないと困るほどお金がないの?」
はい~~~?????(゚∀゚)??????

なんと返していいのかわからないまま戻ってきてわたしにボヤくぱぱぁ
いつもは口を挟まないんですが
もう引き延ばしは効かないこと、支払いが困難ならもっと安い物件を探しては?と
実に穏やかな口調で(本人的には)話しましたよ。
ぱぱぁから見るとわたしのタイ語は口調がキツイそうで(苦笑)
(普段から挨拶はおろか目線も合わせず、用事があって声をかけても
居留守を使われたりします。ははは)
う~ん…、だってね、誰かが言わなきゃいけないことじゃない?
(肝心のぱぱぁは口ごもっちゃうし)
それじゃあ、どういうのがキツクないわけ?って聞いたら
とりあえず先方の言い分をのんで、払ってくれればそれでよし
いよいよダメならその時また考えればいいんだって。
それじゃあ、いつまでたっても堂々巡りじゃん(- -;)

その後この件で義姉と電話してたぱぱぁ
「ま、現状維持ってことで、最終的に払うもんさえ払ってくれれば。よくあることだしね。
あぁ、よくあることなのね。
で、そのよくあることに悶々と振り回されるわけね。ε ( ̄ε ̄)
一般にタイ人は争いごとを好まず、それが処世術でもあると言われますが
この辺の感覚は未だわかりかねますです。
わかるのは表面的には事を荒立てずにニコニコしてるけども
その実胸の内は穏やかでないことこの上ないということ(笑)

そして来月もまた同じ悶々が繰り返されるのは確実だわね。




長々とお付き合いいただきありがとうございました。
次記事からまた猫ブログっぽい猫ブログに戻る予定です(笑)




Posted on 22:21 [edit]

category: ヒトのこと

thread: タイ・プーケット - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 4

あの日、今日へのトビラ。  

日々成長の著しいビー。
社長とのエピソードもどんどんたまってて更新が追いつかないほど。
何とかスピードをあげてご紹介したいんですが(^ ^;)
社長とビーの様子はちょっとお休みして
今日読んだ情報記事、ご紹介したいと思います。
もしかしたらご存知の方が多いのかもしれないので
どちらかというと自分のための記録かも。

ひなたぼっこ




もうあと数日で昨年のあの大震災から1年となります。
なんでもない日常に飛び込んできた衝撃的なTVの映像。
その後の混乱と錯綜の日々。
日本から遠く離れて、周りはいつもと変わらぬ日常の中
わたしをとりまく空間だけが非日常。
そんな中日本の状況を日本語でリアルタイムで知ることが出来た
USTREAMのTV放送。
情報収集の中で視聴出来ることを知ったのですが
その放送をめぐって起きていた事実を今日初めて知りました。
詳細はこちらの記事にて→
公共放送であるNHKだから当然自主的に始められたのかと思ってましたが
実は中学2年生の男の子が「違法配信」したものだったと。
勝手に配信することは違法だと知っていたけれど
阪神大震災の被害者だった母親のことを思い

「この画面をネットに流したら、助かる人がいるんじゃないか」
「今、東北には自分よりも不安を抱えている人がものすごい数いるんだ。自分がやらなければ」
(記事より一部抜粋)

そしてその気持ちを汲んでそれを引き継ぎ公式なものへとつないでいった関係者たち。
マニュアルに嵌らない、臨機応変さで。
朝から夜まで食い入るように見つめていたあの放送の裏で
こんなドラマが繰り広げられていたこと全く知りませんでした。

この情報記事を読んで改めてあの日の一日前の記事から読みなおしてみました。

前日はホントにのんびりした日常の延長で
ペンタブ欲しいよ~な暢気な記事
1転して当日の衝撃、何が何だかわからない状況での短文の記事
ほどなくして、わたしもUSTREAMでの放送を知りそこから情報を得ていくことになるのですが…。
自分が海外にいること、そんなことを顧みるより先に遮断されたり錯綜している状態が次から次へと情報として入ってきて、
考える余裕などないまま災害情報のリンクを張りはじめていました。
きっとこの中2の男の子も同じ衝動に駆られたのではと思います。
こんな小さなブログサイトのリンクがどれだけ役に立ててもらえるのか
いえ、たどり着く人など殆ど無いのではないか
そんな無力感を抱えたりしながらも、日頃お付き合いいただいているブロガーさんたちに
新しい有益な情報を届けてもらったり、その情報のリンクを拡散していただいたり
コメント欄での情報のやりとりを読み返すとそのつながりの温かさに胸が熱くなります。
みんな、みんな、ひとつの願いをかけて衝動に駆られていたのだと思います。

ネット上でのデマや詐欺もありました。
わたしにはあの状態でデマをとばす心情は理解できません。
けれど、この少年の貴重な衝動はそれらを覆してあまりある尊いものだと理解できます。
少年に、
配信停止を見送ってくれたUSTREAMの担当者の方に、
免職を覚悟でツイッターで拡散してくれたNHKの広報職員の方に、
あらためて感謝。
ありがとうございました。


震災をとおして、わたしを動かしたものがもう一つ。
ずっと描いていなかった絵をこの震災をきっかけに1日1枚というペースで
UPさせていただきました。
少しでも元気を出していただければ、と始めたばかりのデジ絵
(右のカテゴリ欄「花つづり」にまとめてあります)
毎日情報収集の合間に心が前向きになるものの花言葉を探して…。
探しながら…描いている自分自身が実は癒しをもらっていたように思います。

ふうせんかずら


あの日から今日まで過ぎてきた時間は様々。
絶対変わらないものなど無いのだと思い知らされたあの日。
昨日にも「今日」があり、明日もやがて「今日」になる。
その時間の中で「今日」につながる足跡が少しでも有意義なものとなりますように。
「今日」ある自分を誇らしく思えるものでありますように。







こちらのランキングに参加しています。
ポチポチっと応援してくださると嬉しいっす♪

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ        



携帯の方はこちらをポチっと♪
★猫?海外生活ランキング★     ★動物画 ブログランキング★

 
ランキング先のページが開くまでちょっと待ってね♪
ありがとうございます♪♪







Posted on 15:23 [edit]

category: ヒトのこと

thread: タイ・プーケット - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

★ランキング参加してま~す★

★役員名簿★

★ゆるゆる営業中★

★社長にまつわるエトセトラ★

★道具箱★

★愛蔵書★

★最新記事★

★最新コメント★

★社長の寝言★

★おねだり、おねだり♪★

★当社ルール★

★月別アーカイブ★

★カテゴリ★

★FC2カウンター★

★おじゃま先リンク★

★QRコード★

★プーケットなう★

★目指せ大黒柱!★

★餅餅倶楽部★


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。