B-jo と おやじ猫の南風的極楽生活

★南の島プーケットでセカンドライフ,アメショ日本男子vsかしまし3B-jo★

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

あってはならないこと 2  

前回の記事(ありえないこと?あってはならないこと)でお伝えした動物病院とその医師について
新しい情報がありましたので記します。

あってはならない2

前記事で記した事件の詳細はこちらから。
被害事例を読んでいくと怒りで体が震えてきます。
多摩センター動物被害者の会 http://doggynavi.com/

3年前の民事訴訟で敗訴、農林水産省からたった3年(!)の業務停止処分を受け
今年6月9日に処分有効期限が解かれます。
その後の業務再開を懸念して昨日記事にしたのですが、
敗訴を受けた訴訟と別件でも処分を受けており
今回の処分期限満了後、引き続き2年の業務停止となるそうです。

これで当面獣医師としての活動は出来ないわけで
不幸な事例を増やす危惧は、(少なくともあと2年は)避けられたのですが。


呆れたことに、分野を変えて存在していたようです。
NGO団体として代表者に違う人物の名前を使い、
自らも株式会社を立ち上げ寄付金等を募っているようです。
NGO団体の方はWEBサイトがあるので確認出来ましたが
持ち会社についてはWEBでの展開を行っていないのか検索にかからず未確認です。
公的証明書の画像がUPされているので会社が存在するのは確かなようですが。。。
報告を情報としてあげている以下のサイトに詳細があります。
「右往左往」(管理人:もぐ。さん)
http://shukran.blog.so-net.ne.jp/2011-04-28
http://shukran.blog.so-net.ne.jp/2008-07-23


情報ソースが主にこちらのサイトだけなので
確実な情報と言い切ってしまえないのですが
登記簿謄本の経営目的の中に
動物病院・人用及び動物用健康食品取扱と入っているなど
まだ関わるつもりなのか、腹立ちはおさまりません。
結局は行政のぬるさがこういった詐欺への温床になっているのでしょうか。

今回の件を通してただの「アブナイ医者」だけでは済まない
業界のアナを見た気がします。
コメント欄でも獣医に限らずパピーミル(仔犬製造工場)での詐欺報告もありました。

幸い崖っぷちを掠っただけで済んだ社長。
その背景にこんな恐ろしい事件があったとは当時知りませんでした。
ペットと暮す以上切り離せないペット医療。
この動物病院・獣医に限らず、どこに落とし穴が待ち構えているかわかりません。
良い獣医さんに行きつくためにも
より慎重に調べ、情報を共有することが大切だと思います。
当時と比べて格段に情報量が増え、発信の機会が増えたのですから。

あってはならない2




東北地方太平洋沖地震災害関連記事(随時更新中)
安否確認・災害最新情報
募金・支援・避難対策
いずれも状況に合わせて更新されている可能性がありますので最新情報をご確認願います。

被災ペットの情報こちらで確認・共有できます。
アニマル探偵局バナー


ふわころ本舗さんのところで素敵な企画の紹介がありました!
新潟県上越市のユートピアくびき「希望館」に原発事故により南相馬市から多くの方が避難されています。
ゆたかさんが応援メッセージを募集して、それを「希望館」に届けていらっしゃいます。
先日2冊目のファイルが「希望館」の皆さんに届けられました。
以降もメッセージは順次送っていただけるそうなのでぜひ言葉の応援を送ってください!
ゆたかの眼
フォトメッセージの募集も開始されました!
元気のでる画像にメッセージをこめて送ってください!
http://hoshiyutaka2.blog6.fc2.com/blog-category-31.html


正しき支援は正しき道にて
押すべし、押すべし、押すべし!!

押すのだ


元気がみなさんに届くように、いつものとおりランキング参加します。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ    人気ブログバナー
ランキング先のページが開くまでちょっと待ってね♪
ありがとうございます♪♪
スポンサーサイト

Posted on 17:02 [edit]

category: ペット医療のこと

thread: 猫と暮らす - janre: ペット

ありえないこと?あってはならないこと  



確か猫と鳥は捕食関係にあったはず。。。
この動画の猫とフクロウにはなんと友好関係が築かれてます。WAO!!(*゚O゚*)
冒頭の画面はフクロウのgebraが獲物を猫のfumに獲物をみせびらかすために
わざと低空飛行をしてからかってるところだそうです。
体の作りも行動も全く違うのに、それこそ親友同士のようなふれあいが
とてもほほえましい動画です。



今日ここからの記事はちょっと…どうかな、と思いつつ。
ただ懸念が現実にならないようUPすることにしました。

ブログの在り方として、対象が公の立場でないかぎり
個人名をあげての批判をしてはならないと思っています。
けれど、これからあげる人物については民事訴訟において
獣医師法違反による業務停止処分を受けているという事実もあり
その信条から外れるものではないと思うので
実名を明らかにしての記事とさせていただきます。

飼い主vs獣医師 ペット医療トラブル


以前社長がケガとトラウマを負った記事でも少しだけふれましたが
あの時WEBでみつけてかかったのがこの「多摩センター動物病院」でした。
家から近かったことと夜間救急も受け付けているとのことで
それまで予防接種などでお世話になっていた病院が折悪く休診日だったこと
診察時間がやはり幅広いのは働いている身には便利だったことなどもあり
もしも相性があうのならここをかかりつけにしてもいいかも…などと思って。

ケガをした当日だったのでまず相手猫による感染症の有無の検査と
ずっと据え置きにしていた去勢の相談が目的でまずは電話で問い合わせを。
電話での応答はごく普通だったと記憶してます。
すぐ受けつけてくれるとのことで社長を連れて行きました。

動画の中にあるマンション一階の一室。
入るとすぐ受付スペースになっていましたが
見慣れた動物病院の様子と妙に違和感を感じる内装。。。。
受付カウンターの他に贈花がいくつか飾られ、医師本人の写真や賞状が飾られている以外
犬や猫の種別ポスターや予防注射のパンフレットなどが見当たらない。
新しくオープンしたばかりのようなことをHPにかいてあったので
そのせいなのかな…といぶかしく思いつつ。

「相談の処置を全部すると全部で5万円前後になりますが」

え?
まだ触診はおろか問診もしてないのに?
一応電話した時に状態は伝えてあったけど…
それにしても高い料金。
内訳を訊いても明確に答えてくれず、かといってその時間から他の病院に行くには
遅すぎる。
何よりケガと感染症が心配で。
とにかく今日のところは診てもらうしかない。
診察をお願いしたところ、診察室に飼い主は…立ち入り禁止?
目の前でドアを閉められ数分もしないうちに鳥吉医師だけ出てきて
「外傷はそう無いけれど感染症の検査と去勢手術で5万9千円です。
明日引き取りに来る時に全額持ってきてください。」
最初から最後までお金、お金、お金????
少しずつ不信感は出てきたものの連れてきてしまった以上……。
ダメな飼い主でした。

帰宅してどんどん不信感は膨らむばかり。
次の日約束の時間より早く病院に向かい社長を引き取ってきました。
去勢手術もだったのでその後抜糸にも行かなければなりません。
この時も予約と同時に抜糸料の話がありました。
けれど、2度とここに来てはいけない、そんな予感がして
うわのそらで話を済ませ早々に帰ってきました。

たまたま、このすぐ後別のところでの知り合いの獣医さんに
お世話になる機会があって、
そのまま社長のかかりつけの獣医さんとして
こちらに移る直前までお世話になりつづけることができました。
もしもあの時ちがう展開だったら……。
社長は幸運です。
犠牲になってしまった多くの小さな生命たちを思うと
腹が立ってなりません。
生命を預かる立場の者にあってはならないこと。

鳥吉 英伸
業務停止3年(獣医師法第8条第2項第3号。平成20年6月9日(月)より行政処分効力発効)
鳥吉英伸は、詐欺行為を働き診療報酬を詐取するとともに、罹患動物に対し適切な治療行為を行わないどころか、死に至らしめたものである。
当該獣医師の行為は、獣医師に課せられた倫理的又は道徳的な職責に大きく反する行為である。
なお、当該獣医師に対しては、民法(明治29年法律第89号)第709条(不法行為)に基づく損害賠償責任を負うとの判決が下されている。(農林水産省資料より http://doggynavi.com/news/080530.html)


処分の効力失効に変更がなければ来月6月9日以降、再び獣医師として営業ができることとなります。
同じ場所で営業するのか、新たに場所をかまえるのか。
裁判に敗訴したこともあり名称は変える可能性が高いでしょう。
しかし、本名を変えることはできません。
もしも、この記事を読んで周囲に心当たりがある方は
獣医師の名前を確認してください。
WEBにHPをもち、24時間体制で救急受付可能。(スタッフ数が不明なのに)
診察の際にまず金額の相談を執拗にする。
診察室のドアが見えないようになっている。
こんな展開が少しでも見えたらそのまま連れて帰る勇気を持ってください。

事件の詳細はこちらのサイトで見ることができますが、最近の更新は無いようです。
多摩センター動物被害者の会 http://doggynavi.com/
他に「多摩センター動物病院」で検索をかけるとかなりの数が出てきます。

何にもまして納得できないのはこのような者に対しての
なんと軽い処分なことか!
医師免許剥奪されてもおかしくないくらいの非道を行っているにも関わらず。
各方面で法改正に向けて働き掛けがあったのに未だに見直しがされない。
こうして悪質な医療従事者やブリーダーによって飼い主やペット達が
不幸に見舞われる事象が後をたたない。。。
現状出来ることはわたしたち当事者が情報を共有し
より安全で安心できる環境を探していくしかないのですね。
不条理ですけれども。
ありえないこと




東北地方太平洋沖地震災害関連記事(随時更新中)
安否確認・災害最新情報
募金・支援・避難対策
いずれも状況に合わせて更新されている可能性がありますので最新情報をご確認願います。

被災ペットの情報こちらで確認・共有できます。
アニマル探偵局バナー


ふわころ本舗さ
のところで素敵な企画の紹介がありました!
新潟県上越市のユートピアくびき「希望館」に原発事故により南相馬市から多くの方が避難されています。
ゆたかさんが応援メッセージを募集して、それを「希望館」に届けていらっしゃいます。
先日2冊目のファイルが「希望館」の皆さんに届けられました。
以降もメッセージは順次送っていただけるそうなのでぜひ言葉の応援を送ってください!
ゆたかの眼
フォトメッセージの募集も開始されました!
元気のでる画像にメッセージをこめて送ってください!
http://hoshiyutaka2.blog6.fc2.com/blog-category-31.html


仁をもって為せ!
押すべし、押すべし、押すべし!!

押すのだ


元気がみなさんに届くように、いつものとおりランキング参加します。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ    人気ブログバナー
ランキング先のページが開くまでちょっと待ってね♪
ありがとうございます♪♪
-- 続きを読む --

Posted on 23:10 [edit]

category: ペット医療のこと

thread: 猫と暮らす - janre: ペット

★ランキング参加してま~す★

★役員名簿★

★ゆるゆる営業中★

★社長にまつわるエトセトラ★

★道具箱★

★愛蔵書★

★最新記事★

★最新コメント★

★社長の寝言★

★おねだり、おねだり♪★

★当社ルール★

★月別アーカイブ★

★カテゴリ★

★FC2カウンター★

★おじゃま先リンク★

★QRコード★

★プーケットなう★

★目指せ大黒柱!★

★餅餅倶楽部★


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。