B-jo と おやじ猫の南風的極楽生活

★南の島プーケットでセカンドライフ,アメショ日本男子vsかしまし3B-jo★

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

創るということ。  

影の薄い猫

本日やっとエアコンの修理が終了いたしました。
なんと1ヶ月近くもかかりましたよ…orz

この期間、不定期でやってくる電化製品いっせい故障祭(T▽T)に見舞われてまして
今回修理したエアコン、実は更に1カ月前に修理したばっかりで
他に衛星放送のチューナーが謎の暴走
プリンタのストライキ
日本から持ってきたミルサーのモーターが動かなくなり
各種コード類のバラバラ事件(あ、これはビーの仕業だ。笑)
今一番ハラハラさせられてるのはわたしのノートPC。
どうやらバッテリが昇天されたらしくACアダプタからしかたちあげられなくなり
おまけに挙動不審…
万が一の時のためデータのコピーを作っておかなきゃいけないのに
エアコンが使えない環境で恐る恐る作業をしてるもんだから進むものも進みませんて(^ ^;)
こんな状況だったのでとりあえずエアコンが復活してくれて助かったww
文化的生活万歳www

ご無沙汰のまま9月に突入



と、まぁ、かなり不便な生活をしておりましたが
一方でヘンヘンら助が順調にご好評をいただいて
ヘンヘン・ベーカリー เฮง เฮง เบเกอรี่」の名前のもと
パンと焼き菓子の販売も始めました♪

カスタードロールとコーヒーロール

こんなのや

キャラメルロールとツナマヨロール

他にバナナ風味のカップケーキとか、シナモンたっぷりケーキとか。
エアコン無しどころかオーブンに張り付いてるほうが更に暑いんですが(笑)

とりあえずラスクの生産は終了。
パン系の方が日持ちしないので心配だったけど売上が順調で今のところほぼ返品が出ないので
こちらをメインに置かせてもらうようにしました。
だってね、ラスクって作業は簡単なんだけどあれで意外と経費がかかるのね。
乾燥させるための光熱費だとか、そもそも材料のパンがこちらでは安くないし。
それに安い小分け売りのお菓子でも包装に凝る傾向があってこれの資材費も割高(- -;
対してパンはそのものズバリ中身で惹きつけられて材料費も1個あたりが割安♡
あら、なんだかいっぱしの商売屋さんみたいじゃない?(笑)
成り行きで始まった「ヘンヘン・ベーカリー เฮง เฮง เบเกอรี่
専業の方にはとても及びませんが、本人は専業主婦の副業のつもりで
結構楽しんで日々新しいレシピの探索なんぞしております。


さてタイトルの「創るということ」。
タイの女性は働き者が多く(仕事の態度はともかくとして、ははは)
専業主婦(อยู่บ้าน เฉยๆ=ユーバーン チュイチューイ)だというと
何か仕事はしないのかと訊かれ、その場でハローワーク状態になることもしばしば。
わたしの場合、昔漫画家をやってたということでよく「自宅で子供相手に漫画を教えれば?」と言われるんですが
人にモノを教えるなんてガラではないし、そもそもお教室開いて教えられるようなものじゃないと思うんですけどね(^_^;)
「わたしには向いてませんからww」と受け流そうとするとたいていこういう答えが返ってきます。
「漫画家になんかなれなくていいのよ。
親は子供が時間をもてあまさないように絵を描かせてくれるだけで満足なんだから。
それで絵も上手になれるんだから喜んで通わせるわよ。」
よ、要するに児童クラブ代わりなんですね。
そしてさらに続きます。
「ドラ●もん描ける?ド●ゴンボールは?ピカ●ュウ描いて欲しいんだけど♪」
…わたし、アニメーターじゃありませんから…(-_-#)

漫画を生業に出来るまでに力となったのは同期の友人たちによるところが大きいです。
わたしの子供時代はちょうど手塚治虫氏や石ノ森章太郎氏等、錚々たる先人たちが華やかに活躍されてた時代で
その影響ははかりしれないものがありますが
お人形描きからコマを割ってストーリーを作るようになったきっかけは小学校時代の友達。
鉛筆での描き下ろし漫画ノートからペンとインクに持ち替えて
ドキドキしながら描いたケント紙(始めはカッコから(笑)後々は上質紙)の原稿を雑誌に投稿したきっかけは中学時代の友達。
もちろんはじめは好きな漫画キャラに似せて描いたり
ストーリーもどこかで見たような雰囲気だけのしょうもないもの(笑)だったりしましたが
いつしか世界が広がるにつれ、わたしならこんなキャラで、わたしならこのシーンをこんなふうに
生活のあらゆる場面で妄想とともに暮らし、それを形にさせてもらえるようになりました。

漫画家というのはキャスティング・シナリオ・舞台美術・道具係・スタイリスト・監督・そして俳優
映画で例えるなら関わる全ての作業をこなす職種。
なので漫画の描き方を教えるのに他の作家のキャラだけ描いて満足って選択肢がないんですね。
それは似顔絵であって漫画じゃない。
キャラひとつ描くにしてもその人物背景や性格、どんな場面にいるのか、そこまで考えるので
それならストーリーの組み立て方から教えなきゃ気が済まない。
絵を描くだけならそれこそ「お絵かき教室」なるものがけっこうどこでも開催されてるので
そちらに行かれた方がよろしい。
美術に関しての専門的な勉強の経験が無いので何をどう教えていいのかわかりませんもん。
というわけで、子供さんを預かっての「漫画教室」は無理なワケです、わたし的に。

タイでも随分コミック作家が増えて書店でもかなりの部数が見えますが
抜きんでてこの人っていうのはまだいない感じ。
作家の名前がタイ人でなければ日本のコミックとたいして見分けがつかなかったりします。
著作権に対しての認識が甘く作品や作家の社会的地位が軽いのも一因かもしれませんね。


タイの人気テレビ番組で「Thailand's Got Talent」というのがありまして
歌でもダンスでも手品でもなんでも我こそは神業の持ち主!が競いあうリアリティオーディション番組。
「アメリカンアイドル」のタイ版ってとこでしょうか。
つい先日最終選考の末、今シーズンの優勝者となったのがこの方。↓



サクサクっと聞きかじったところではダンスの勉強は7年前から。
それ以前は経済学などまったく専門外で、ある時宙を自由に泳ぐことが出来たら…と思ったのがきっかけだったとか。
布を使ってのの空中舞踊、日本でならシルク・ドゥ・ソレイユの公演で目にされた方もいらっしゃると思います。
こちらでもサイアム・ニラミットというショーアミューズメントで観ることが出来ます。
既存の芸術の真似なのか?
オリジナリティという点では特に新しいわけではありません。
けれど、彼の表現力の美しさ、誇らしげに宙を舞う姿が観る者の心を魅了しました。
彼の世界がそこにありました。

それが大事なのだと思います。
たとえ見よう見まねからだとしても、そこに自分の心を織り込んでいく。
それが「創っていく」こと。
こうして生まれたものに価値を見出す社会になっていってほしいと思います。




何カ月か前に同番組に参加して物議をかもした自称アーティスト↓



いきなり服を脱いで裸体でキャンバスにペンキを塗りたくった女性。
”描いた”作品には何の意思も読み取れず
何を表現したいのかさっぱり不明。
いっそペンキを使ったダンスと言われた方がよっぽど納得できそうな…(- -;
後に番組関係者のヤラセだったらしいとの報道がありました。
これをアーティストと呼ぶのは…どうなんでしょうね。


うははww久しぶりの更新だからって詰め込みに詰め込んだわねぇ(笑)
読んでくださった方、お疲れさまでしたww





などといろいろ思いつづった
生まれて半世紀目の今日(爆)
関連記事

Posted on 23:50 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

コメント

mamさんお久しぶりです。
ラスク以来アップがないので心配しておりました。
ベーカリーすご~い!
私の知り合いで趣味が高じてケーキ屋さんをしている女性がタイにおられます。
物事極めるってすごいことですね。

私も創ることが大好きなので「うん、うん」とうなづきながら読みましたよ。
それではまたお邪魔します。

URL | ばいもんのおかさん #-
2012/09/06 18:19 | edit

ばいもんのおかさん 様

いや~もう、更新しなくちゃと毎日頭をよぎるんですが
電池切れが早くてwwお恥ずかしいかぎり(^ ^;A
まだまだ極める入口にも届いてません(笑)
卸先の殆どがワンコイン(10バーツ)販売なのでレシピとコストに頭を悩ませてます。
タイ人と日本人の嗜好の違いも結構あるので親戚のアンテナショップ(こらこら)がいい勉強になります。

創ることのときめきと充実感や次への向上心、いいですよね。
こちらだととりあえず見た目だけ似てれば…のコピーが氾濫してて
その質が軽視されがちなのをいつも残念に思ってます。。。。
件の女性アーティストのコメントも「絵を描きに来ました。でもタダの絵だと普通すぎるので…」
描き終った後、絵を指すよりも自分が一歩前に出て「裸体の自分」を押しだしたのが
更に不快感を呼びました。絵はどうでもいいんだなwwって。
せっかくタイには素敵なものがいっぱいあるのだから、創ることへの意識と価値がもっと上がってくれるといいなぁと思います。

もうあと何日かで2周年目を迎えるので、何か企画を用意しようと思ってます。
ってか、もう少し更新頻度をなんとかしないと…(汗)

URL | mam #-
2012/09/07 13:43 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mamcat.blog90.fc2.com/tb.php/437-67f2f21e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★ランキング参加してま~す★

★役員名簿★

★ゆるゆる営業中★

★社長にまつわるエトセトラ★

★道具箱★

★愛蔵書★

★最新記事★

★最新コメント★

★社長の寝言★

★おねだり、おねだり♪★

★当社ルール★

★月別アーカイブ★

★カテゴリ★

★FC2カウンター★

★おじゃま先リンク★

★QRコード★

★プーケットなう★

★目指せ大黒柱!★

★餅餅倶楽部★


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。