B-jo と おやじ猫の南風的極楽生活

★南の島プーケットでセカンドライフ,アメショ日本男子vsかしまし3B-jo★

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

家があるのに野良暮らし…路上に消えた命。  

今日の記事はかなり重い話題です。。。

ラテ

2か月ほど前、わが家の路地に新顔が増えました。
最初の出会いは飼い主を翻弄しながら駆けまわる2頭の子犬。
ミニチュアダックスと雑種、名前をよびながら連れ戻そうとする男性飼い主は
感じよさげな第一印象。

ほどなくして雑種のコだけが路上暮らしとなり、
スコールの中居場所がなくて雨宿りさせてもらえるまで
甲高い声で鳴いていることもありました。
とても人懐こく賢いコであちこちの家からご飯をもらい、
声をかけてもらい、可愛がってもらい…。
明るい茶色と白のツートンカラーだったのでわたしたちは勝手に”ラテ”と名付けて
今朝などはパン粉をリサイクルしたクッキーを振舞って、
ラテも覚えたてのお座りとハイタッチを自慢げに披露してくれました。
ラテ
ラテ
ラテ
ラテ
ラテ

夕方、何気に窓から外を見た瞬間、白いミニバスが通過するのと同時に
ふいに外から「グッ!」と何かに強く叩き付けられた時のような声が聞こえました。
一緒にいたぱぱぁと顔を見合わせ、まさか…と思ったものの
近所のテレビの音以外鳴き声らしきものも聞こえず
直後に通りかかったバイクも何事もなかったように行き過ぎたので、
先ほどの声は気のせいかな…と。
間もなくお向かいさんから大きな悲鳴が。

外出から戻ってきたお向かいさんの家とわが家をはさむ路上に
頭部から大量の血を流してぐったり横たわるラテの姿がそこにありました。
気のせいなんかではなく、さっきの白いミニバスに轢かれたのです。
わたしの目の記憶ではスピードを落とすことなく通過したミニバスに。
自身も2頭の小型犬を飼っているお向かいさんはその無残な亡骸に嘆きつつ、
せめて近くの空き地に埋めてやろうと若いご主人がラテを抱え、
わが家からもシャベルや鍬を持ち出してみたものの、
住宅街に適当な空き地などあるわけが無く。

ある家などでは(この家も小型犬を飼っているが普段から放し飼い)
直接的に迷惑とは言わなかったものの
「2,3つ先のブロックの空き地近くの公共のゴミ箱に捨ててくればいい」と。
同じ犬を飼っていても死んでしまえばゴミ扱いなのか。
衛生的にいずれゴミ扱いになってしまうにしても
「捨ててくればいい」の言葉になんとも言えない怒りを覚えました。
日本でなら清掃局等に連絡をして引き取ってもらうことが出来るけれど、
タイにはそういうシステムが無いとのこと。

どうしたものかとラテを囲んで悩んでいたところ、
目と鼻の先のラテの飼い主の家に灯りがついたのが見えました。
お向かいさんが柔らかい物腰で
「おたくの犬が死んじゃったの、
埋めてあげようと場所を探していたんだけど」と。
話をきいてもなかなか外に出てこない飼い主に
ハラワタが煮えくりかえり怒鳴りつけそうなのを
お向かいさんの口調に辛うじて気持ちを抑え出来るだけ柔らかく、
でも逃げる隙をあたえないようこう言いました。
「なんとか遺体を葬ってあげることはできませんか?
飼い主なんだし、これがこのコとの最期になるんだから」
ビニール袋の中で(まだ血が固まってなく運ぶのに仕方なくビニールにくるんでカゴに…)
ことりとも動かなくなったラテを撫でてやるでもなくチラッと覗きこんだだけで、
困った顔をしばらくしてから結局自分で捨てる場所を探して処理しますと。

捨てる、捨てる、捨てる!!!

そして続いた言い訳は、
家より外にいるのが好きで呼んでも家に帰って来たがらなかったんです、と。

呼んでる姿は最初のあの日しか見たことなかったけど?
雨の中自分の家に帰らず外で鳴き続けるコがどこにいると?
いつみても門を閉じて閉め出していたのに?
あなたの無責任でこのコはこんな無残な形で命を落としたんだよ!!!

どうしても怒りはおさまらなかったけれど、
やはり同じ気持ちのお向かいさんが目配せをくれて
後を頼みますと言葉少なにその場から去ってきました。
家の前のラテの血だまりを洗い流しながら
…轢かれた際に口から出てしまった体の一部に
更にラテの残酷な運命を思い知らされて…
悔しくて悔しくて涙が止まりませんでした。
ぱぱぁと二人で無言で後片付けをしました。
最後にぱぱぁが小さく呟きました。
「これでラテも幸せになるかもな…今度はもっといい境遇に生まれてくるんだよ」

輪廻転生を信じるタイ人ですから。

でも、輪廻の先よりもこの世で幸せになってほしかった。
タイではとてもよくある光景、悲しいけれど。
ラテ






我が家の毛むくじゃらたちに愛のクリックをw 応援お願いしま~す♪

ブログ村バナー   ブログランキングバナー  
にほんブログ村 猫 海外生活 / 人気ブログランキング / FC2 Blog Ranking

♪♪ありがとうございます♪♪


別館の”ちび怪獣だGyao!”でカーオとダーオにも会いに来てね ♪
正直まだダメージが大きくて、うまく伝えることが出来なくて
事件直後にfacebookに投稿したものをそのまま記事にしました。
怒りと悲しみと悔しさと…
いつかこのブログでも紹介するつもりでいたのに写真も撮ってなかった。
せめてこの小さな命のことを遺してあげようと思ったけど
ごめんなさい、やっぱまだダメだ…。
関連記事

Posted on 02:02 [edit]

category: ご近所さん

thread: タイ - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 6

コメント

うーん、泣けてきました。
タイ人って仏教徒なイメージでももっと日本人の感覚と近いのかと勝手に思ってました。もちろんタイ人とはいえ、いろんな方がいるのでしょうが。

ラテちゃん、mamさんとぱぱぁさんのおかげで天国に行けたと思いますよ。
ラテちゃん、次に生まれ変わったら、猫になってmamさんちに行きなよ。

URL | まかない #-
2013/12/01 11:44 | edit

そうよね・・・
まずはこの世でシアワセになって
欲しかったよね・・・

だめだー 涙が・・・

URL | うさこう #-
2013/12/01 15:24 | edit

Re: タイトルなし

まかない さま

こんな細い路地で即死させるほどのスピードでブレーキさえ踏まなかったミニバスの運転手
心ある運転手にハンドルを誤らせる危険も考えず当然のように放し飼いをし
あげく死んだらこれも当然のようにゴミ箱行きを選択する路地の住人
(トイプーなんだけどいつもいきなり車に向かって飛び出してくるの)
あわよくば死んだラテの始末も他人任せにしようとするどこまでも無責任な飼い主
これでもかというくらい人間の身勝手さを見せつけられた1日でした。
自分の気分に正直に従うことを認める社会
いっけん寛容に見えても実は気まぐれと無関心なのだと思うと
外暮らしで生きるのは博打なんだな…と。

わたしたちは力及ばず…お向かいさんのおかげだと思っています。
お向かいさんの物腰が無かったら怒りに任せてもっと事態を悪くしてたかもしれません。
人間たちの思惑に関わらず、苦しまずに旅立ってくれたことを祈るばかりです。。。

URL | mam #-
2013/12/01 21:56 | edit

Re: タイトルなし

うさこう さま

初めて見た時は3~4か月といった感じだったから
少なくともまだ1歳のお誕生日さえ迎えられなかったんだと思うの。
人間の身勝手に翻弄されただけのあまりに短い命、
それでもいつも嬉しそうに駆け寄って来てた姿がうかんで
まだ胸がつまります…

URL | mam #-
2013/12/01 22:10 | edit

放し飼いよりひどいただの放置ですよね。
責任持って面倒見ないなら誰かにもらってもらうとかすべきだったのに。
こんな人に怒っても自分を消耗するだけだからやめておきましょうね。
ラテちゃんの死を悼むことだけでもきっと魂は安らかに天国に行ったと思いますよ。

URL | ばいもんのおかさん #-
2013/12/03 00:06 | edit

Re: タイトルなし

ばいもんのおかさん さま


ありがとうございます。
少しづつ落ち着いてきました。
しばらくは感情の整理がつかなくてラテの話をしては夫婦で涙してしまいました…(/_;)
こういうことがあるたびつくづくこの路地に嫌気がさすのですが
おむかいさんのような方もいることで気持ちを持ち直すことが出来ます。
おむかいさんもまだラテ用のゴハン皿を置いたままなんですよ。。。
一昨日庭に数十羽のハチドリがやってきてひとしきり乱舞したあと飛び立っていきました。
「フランダースの犬」の最終回のようにラテを迎えに来たのかもね、とぱぱぁと二人で一部始終を見守ったあとなんだかホッとして…
ラテには愛されたことだけを憶えてまた無邪気な魂で生まれてきてほしいと願っています。

URL | mam #-
2013/12/03 22:03 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mamcat.blog90.fc2.com/tb.php/560-33df7d1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★ランキング参加してま~す★

★役員名簿★

★ゆるゆる営業中★

★社長にまつわるエトセトラ★

★道具箱★

★愛蔵書★

★最新記事★

★最新コメント★

★社長の寝言★

★おねだり、おねだり♪★

★当社ルール★

★月別アーカイブ★

★カテゴリ★

★FC2カウンター★

★おじゃま先リンク★

★QRコード★

★プーケットなう★

★目指せ大黒柱!★

★餅餅倶楽部★


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。